Integrated Data Analytics 統合データ分析

データサイエンスを駆使した
戦略的コミュニケーションのご支援

企業が収集・分析可能なデータの種類・ボリュームはハイスピードで増大しています。刻々と変化するマーケットにおいて、蓄積したビッグデータから的確な情報を読み取り、ビジネスの意思決定へ活かすことがとても重要です。

CCIは、これまで培ってきた豊富な実績、データマネジメントのノウハウを最大限に活かし、データ分析・リサーチ、課題発見、企画立案、実施、効果検証等Data Drivenな統合的Communication支援を提供しております。

[ サービスの特徴 ]

  • 01

    全方位カバーのスペシャリストが担当
    データベース・マネジメントから解析、マイニング、マーケティングコンサルティングまで全方位をカバーするスペシャリストが担当するため、分析の方向性を外すことなく最適な分析手法をご提案します。
  • 02

    オンライン/オフライン統合大規模データ
    大規模なログデータとリアルデータ、オンライン/オフライン統合データプロジェクトのハンドリング経験が豊富なため、顧客の全体像を的確に捉えます。
  • 03

    分析結果をマーケティングアクションへ
    分析・現状把握だけに留まらず、分析結果をマーケティングアクションへつなげる支援を行います。

[ Data Driven Communication ]

現在、多種多様なマーケティング最適化ソリューションが提供されています。
それらを活用することで、個々の施策では一定の成果を上げることができているかもしれません。

一方で、それ以上の収益向上が望めないと
頭を抱えているという企業様も多いのではないでしょうか。
そのような状況下で重要なのは、売上・利益に直接的に結びつくポイントを
正確に見極め、そこに働きかけることだと考えます。
そのためには、マーケティング活動によって得たオンライン・オフラインデータを
統合的に管理し、顧客行動を読み解くことが必要です。

CCIのご提供するData Driven Communication

分析に活用すべきマーケティングデータの一例

  • 顧客属性データ
  • コールログデータ
  • 購買データ(オンライン/オフライン)
  • Eメール配信・開封履歴
  • Webアクセスログデータ(サイト内行動データ)
  • 店舗やカタログなど他チャネルデータ
  • 広告出稿データ
  • その他

※これらが顧客ごとに紐づけばベターです

上記のような膨大なマーケティングデータを、様々な分析領域の中から、
最適な手法を用いて統合的に分析し、御社ビジネスの価値を最大限に引き出すよう支援いたします。

分析課題
  • 新規顧客獲得
  • リピート促進
  • アップセル・クロスセル
  • 顧客LTVの最大化
  • 休眠顧客の復活
  • マーケティング施策の
    効率的ターゲット抽出
  • 顧客の類型化
  • 意思決定要因構造の把握
  • 購買量予測
  • 広告バジェットアロケーション
  • コミュニケーション施策PDCA
  • その他貴社課題に応じて
CCIで提供可能な分析手法例
  • 基本CRM分析各種

    RFM分析、ABC分析、
    アソシエーション分析、
    デシル分析等

  • オンライン/オフライン統合分析
  • 探索的統計解析

    ・多変量解析(教師あり/なし)

    重回帰
    ロジスティック回帰
    ディシジョンツリー
    クラスター
    因子分析
    ニューラルネットワーク

    ・モデリング各種

    ・顧客スコアリング

  • その他手法